SERVICE事業紹介

TOP > 事業紹介 > 井戸復元長寿命化技術

井戸復元長寿命化技術

長期にわたり使われた井戸には改修工事が必要

産業活動の源となっている水源井戸。昭和30年以降の高度経済成長期に新設され、20年以上経過した井戸は、ケーシング管、スクリーン管の経年老朽化による破損や崩壊が懸念されており、早急な改修工事による対策が必要です。

まず、水中カメラでケーシングやスクリーンの損傷や劣化度合いを調査します。損傷が著しい場合、井戸の掘り直しが必要となりますが、損傷が軽度~中程度の場合や、丸穴巻線スクリーンの巻線のみが腐食、継手部分が一部腐食している場合は、そのほとんどが二重ケーシング管の設置で対応が可能です。

二重管設置には既設井戸をそのまま使用できるメリットがあり、設置後のメンテナンスも容易に行えますので、結果として延命長寿命化に繋がります。

横スリット型ストレーナ管横スリット型ストレーナ管

素材は硬質塩化ビニル管で耐腐食性に優れています。取り扱いが容易で施工性に優れています。
スリット幅は、標準1.5㎜・2.0㎜の他、1.0㎜が可能です。低コストで経費削減につながります。

二重ケーシング管施工
劣化、破損等のある既設井戸内に1サイズ小さなケーシング管(井戸のパイプ)を挿入します。
これにより長寿命化が図れるだけでなく、メンテナンスも簡単になります。
二重ケーシング管の設置だけでなく、洗浄まで可能です
  1. 古い井戸
    古い井戸

    スクリーン部分が目詰まりし、地下水が井戸の中に入りにくくなっています。

  2. 二重ケーシング管設置
    二重ケーシング管設置

    設置後、二重ケーシング管外側の既設ケーシング管スクリーン部分まで洗浄を行います。

  3. ユニバーサル洗浄後
    ユニバーサル洗浄後

    洗浄により目詰まりが解消され、管の効果が発揮されます。

なぜ洗浄・更生が必要なの?

井戸は設置後から腐食、劣化が進行していくため、20年以上経過すると特に注意が必要です。
また、スクリーン(水を取り入れるための穴)は砂利や砂などで目詰まりを起こしやすく、地下水が井戸の中に入りにくいなどのトラブルが発生してしまいます。手遅れになる前に定期的な洗浄を行うことで、井戸の長寿命化が図れるだけでなくコスト面で結果的にお得になります。

井戸の改修計画を立てる前に・・・

水中カメラでケーシングやスクリーンの損傷や劣化度合いを調査すれば、正確な腐食劣化状態が確認できるため、井戸延命化の改修計画が容易に行なえます。

  1. 01井戸を洗浄する

    洗浄を行わずに調査をすると、劣化や腐食の状態は明確にはわからないことが多いため、洗浄をしてから調査することをおすすめしています。

    • 洗浄前のカメラ調査

      洗浄前のカメラ調査

      腐食の度合いが不明

    • 洗浄後のカメラ調査

      洗浄後のカメラ調査

      腐食の度合いが明確に分かります

  2. 02井戸の状態を調査する

    水中カメラ調査で、スクリーン部分の腐食や破損を確認します。

  3. 03井戸延命化の改修計画を立てる

    正確な情報をもとに、適切な改修計画を立てます。

二重ケーシング設置作業の流れ

  1. 01

    二重ケーシング管材料立会い検査
    二重ケーシング管材料
    立会い検査
  2. 02

    二重ケーシング設置状況
    二重ケーシング設置状況
  3. 03

    二重ケーシング設置状況
    二重ケーシング設置状況
  4. 04

    二重ケーシング管ピット内設置完了
    二重ケーシング管
    ピット内設置完了

劣化や破損等がほとんど見受けられない場合についても、経年劣化対策として、二重ケーシング管の設置・推進を行っています。
それは、結果的に突然起こり得る井戸崩壊による地下水供給不能を防ぐための対策であり、貴重な水資源の財産を守る上で大切な事だと考えています。

pagetop